高知東生・五十川敦子覚せい剤所持で逮捕まとめ


001

高島礼子の夫で元俳優の高知東生が、6月24日、愛人のホステス・五十川敦子と覚せい剤取締法違反(所持)と大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕されました。
高知東生・五十川敦子逮捕に関する情報をまとめています。

最新記事には黄色のラインをひいています!

スポンサーリンク

高知東生・五十川敦子逮捕

高知東生と五十川敦子が逮捕されたホテルは横浜市南区!入手ルートは清原と同じ?

ホステス・五十川敦子

【五十川敦子顔画像】ホステス前はレースクイーン!実家は歯医者でお嬢様

スポンサーリンク

高知東生の妻・高島礼子

高知東生逮捕で嫁・高島礼子と離婚の可能性?子供なし格差婚の末路

高知東生の前妻(元嫁)

高知東生元嫁あいだもも画像!ビデオで共演し結婚!キムタクもファンだった!?

週刊新潮スクープ

6月30日今ココ

TUBE前田亘輝にも薬物疑惑!?高知東生逮捕で疑惑再燃か週刊新潮スクープ全文

スポンサーリンク


  こちらの記事もあわせてどうぞ

One Response to “高知東生・五十川敦子覚せい剤所持で逮捕まとめ”

  1. 真相は今日だ より:

    離婚が決まったらしいけどどう考えても可笑し過ぎる結論でしょ。
    だって、2人ともドラマでは
    極道やったりチンピラやってる2人でしょ?
    ましてや売れっ子の高島ならアウトローを演じる回数も高知よりも倍は多いはず。

    ヤ●ザ役をやるからってその人間が物本とは限らんけど、
    芸能業界見る限り、ヤク●との繋がりは薄いとは思えない。
    つまり高島自身が真っ白シロなご仁とも到底思えない。

    なのにだ、スケープゴートにされたのか、
    高知東生逮捕がニュースにまで知れ渡った後、
    高島への薬物検査までの時間的猶予期間とでも呼べるほどの長さがあったのにも気になる。
    そのお陰か、高島からは何ら薬物を検出せず。
    お茶番の香りがする。

    高島は余りにしっかり者過ぎる故に男運がない。
    高知のように野獣みたいなタイプがちょうどつり合いとしては良いと思う。
    そういう意味では高島は目が良いと思う。
    しかし高知は別に高島で無ければいけないという思いは無かったと思う。
    確かに良い女だけど彼女が売れっ子でなければ高知は結婚なんかしなかったと思うよ。
    それは高島に決して魅力が無いのではないけど、
    手を出す対象として見られないのは彼女自身のせいだと思う。

    何せAV女優とでも平気で結婚できるくらい、
    良い意味でもさっぱりした性格の持ち主だ。
    自分はそれに負けないくらい特殊な人間であると
    自覚している高島にとっては高知の大らかさはちょうど良かったんだと思う。
    ただし、子供が居なかったのは、
    どんな言い訳をしても2人の愛には無理があったと言わざるを得ない。
    格差などではなく、本当に2人だけの理由だと思う。

    2人が別れる理由としては、
    元ホステスとの不倫関係以外に無い。
    これさえなければ、上記どおりのコンシールでうやむやにした後、
    別れないという決断で世間を仰天させ、
    高島は逆に女を上げることも出来たかもしれない。

    しかし、間女と共犯でラリってたのをお目こぼししたとあっては、
    高島の女優イメージを絶ちかねない特大イメージダウンになる可能性が高い。
    高知が保釈金で放免になったのを聞いた瞬間、
    離婚が決まってるんだなと思った。
    どす黒い薬の印象を残したまま寄りを戻せば、
    姉さん家業に長く従事した彼女に傷がつく。
    しかし、敢えて刑期を務め上げさせた上で、
    寄りを戻すなら三方丸く収まった筈だったろう。
    しかし、女と一緒に捕まったのはアウトだったって事だと思う。

    元々が自意識過剰の不良青年だった高知だが、
    仮に片手間でもパーキンソン病の親の世話を買って出るなど、
    ましてや役者などという花形商売をしてた人間が引退までしてなんだから、
    高島にとっては、子供は居なかったけど、
    高知の存在はある程度以上は満足してたと思う。
    捜査当局は血も涙もない。

    ついでに言うなら、少々バレバレでも、
    高島レベルなら少しの浮気くらいならば全く動じないと思う。
    普通の人間の精神とは規格外の太さがあるから。
    けれど知れ渡った以上は極道の姉さんとして、
    ケジメ取ってもらうよ!ってとこだと思う。
    この先、高知は落ちぶれるかもしれないけれど、
    高島も彼以上の存在は現れないんじゃないだろうか…。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ